76、統計とは(統計を考える)


目   次


確率・統計の今を考える

確率・統計とは。

確率・統計は合目的的な事である。

確率・統計は、歴史的な背景が重要な意義を持つ。

確率や統計が目指すところ

確率・統計の要はアルゴリズムである。

確率・統計を活用すべき時は、はじめに目的を明らかにする。

確率・統計に求められる事

母集団を導き出す

母集団の役割

段階ごとに母集団を割り出す

分布を表す尺度

正規分布は基準となる分布である。

正規分布は平均と標準偏差を基に想定された分布である

分散は、母集団の性格を測る尺度である。

検定とは

検定が成り立つ為には

P値とは

検定の種類

統計とは

統計の目的は、データの分析にある。

誤差。統計は実証主義に基づく

統計は、情報収集から始まる。

調査、調べる

比較、比べる

確率は繰り返される事象を前提としている。

確率は、確率分布の上に成り立っている。

確率分布は、目的に応じて想定される。

大数の法則

確率分布としての正規分布

クロス・セクション分析と時系列分析

相関関係

時系列分析によって何を求めるのか。

時系列分析が表しているのは変化の形である。

時系列分析の特徴

時系列分析においては平均は移動する

時系列分析は近似計算である。

経済統計の多くは時系列である

経済統計の構造

貨幣経済は、人、物、金の量で表す事が出来る

国民経済計算

法人企業統計

ベイズ統計

ベイズ統計では時間が陽に働いている

ベイズ統計では、事前、事後確率が重要となる。

会計は、ベイズ統計と時系列モデルが融合したものである。

ビックデータとベース統計

人工知能と統計

現代の魔術師

統計や確率は尤もらしさの上に成り立っている。





ベイズ統計
確率と統計
確率と統計(教育)



参照
「道具としてのベイズ統計」 涌井良幸著 日本実業出版


       

このホームページはリンク・フリーです
ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2017.7.18 Keiichirou Koyano