人のアルゴリズム


経済における人の役割


経済は、人の為にある。
経済は、「お金」の為にあるわけではない。

経済の基数は、人である。人の一生が経済の在り様を決める。
その国を構成する国民の風俗習慣が経済の基礎を形作る。

経済の根本は、人である。人の一生である。人の生き様が経済の根底を決めるのである。
経済は、人為的な事である。
経済は、人が生み出すものであり。人の生き方が反映されたものである。
経済とは、生きる為の活動である。

人の一生から考えないと経済本来の姿は明らかにならない。

経済の人に対する目的、役割


経済は、人と人との関係の上に成り立ち、人を生かすための活動である。
根本は人間の生活に遡る。

経済の最終的目的は、人に帰す。
要は、国民を幸せにする事である。この点を明確にする必要がある。
国民を豊かにすると言っても豊かさの中身である。

人の役割は、生まれて、働いて、結婚をして家庭を築き、子供を産んで、育てる。これが基本である。
無論これは基本であって違う生き方を選択する事もできる。しかし、生まれて働いて結婚をし子供を産み育てるというのが基準である事に変わりはない。そうしないと子孫は残せなくなるのである。

そして、この基本に、生病老死が関わる。それが経済における人の目的と役割を形作るのである。

経済の目的は、国民生活にある。経済の主役は人なのである。

経済の人の働き


経済に対する人の働きは、人間がどんな役割を社会に対して果たしいるかに基づく。
人は、第一に生産者である。第二に、人は、生活者、消費者である。第三に、人は、労働者である。第四に、個人である。第五に、人は、社会人である。第六に、人は人である。

人は、生産者である。生産者である人は、生産財を売って収入を得る。
人は、生活者である。生活者とは、生きる為に必要な資源を市場から調達しなければならない。必要なものを手に入れるためには、手持ちの資金を支出しなければならない。
人は、労働者である。人は、労働の対価として「お金」を調達する。労働の対価は、人件費と言う費用を意味する。
人は、個人である。個人は、経済の最小単位であることを意味する。
人は、社会人である。社会人として法に従う義務がある。社会人としての権利と義務がある。人は、組織人としてふるまわなければならない。
人は、人として生きる。人として自己実現をする存在である。

人は、生活者、消費者である。消費には、周期がある。消費の周期が景気の波を作る。
消費の周期には、一日単位の事がある。月単位の事がある。旬単位の事がある。半年単位の事がある。一年単位の事がある。一生単位の事がある。

消費には、構造がある。
消費は、消費する対象によって消費の性格が変わる。

消費には、必需品がある。
消耗品がある。耐久消費財がある。

人口


人口、および人口構成は、経済の基礎を構成する。

人口は、実質的経済規模を決定的に規制する。
重要なのは、人口構成である。
人口構成の基準は、年齢、性別、職業等がある。

人口構成は、経済の働きを制約する。
特に生産年齢人口の占める割合が経済では重要となる。
また、消費者数は総人口である。

人のアルゴリズム



人のアルゴリズムは、生病老死、即ち、人の一生である。

人の一生は、不可逆的で一筋である。基本的にやり直しがきかない。
但し、人の一生は、一種類ではない。
人の一生は、人それぞれ違う。

ただ、それでも共通した部分はある。

人的アルゴリズムは、先ず、人は、市場から生きていくために必要な資源を手に入れる(調達する)為には、「お金」が必要となる。
人は、「お金」を第三者から借りるか、労働力か、手持ちの私財を売って「お金」を手に入れ、その「お金」を支出する事で生きていくために必要な資源を市場から手に入れて消費する。
労働力は生産手段の一種である。




       

このホームページはリンク・フリーです
ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2019.6.4 Keiichirou Koyano