Since 2001.1.6
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano

 市場は、交易の場である。
  
 市場は、産業を網羅しているわけではない。経済構造の一部を支配しているにすぎない。市場は、産業と産業、生産者と消費者の接合部分に発生する場である。産業や生産者の中には、市場を介さないで直接、生産財やサービスを提供する産業がある。市場を介さないで直接サービスを提供する産業を非市場型産業という。非市場型産業の代表は、家計と財政である。非市場型産業の原型は、自給自足の共同体である。市場は、自給自足の共同体の限界点で派生する。

 国家にせよ、本来、社会基盤は、共同体に依拠している。故に、共同体の基礎となる家計や財政が、主体なのである。市場は、外部収入として内的生産に対する補助的なものであった。それが、市場経済、貨幣経済が発達したことによって、内的生産と外的収入の立場が入れ替わったのである。

 非市場型産業の規模は、市場型産業に比べても遜色ない。ただ、貨幣経済が浸透した社会では、貨幣に換算されない産業は、表面化しないのである。つまり、貨幣経済や市場経済に支配された世界では、貨幣や市場に現れない産業は、評価されないのである。しかし、評価されないだけでその働きは、存在している。評価されていないだけなのである。

 市場は、貨幣的場である、金融市場と人的場である労働市場と、物的場である商品市場の三つの場からなる。金融市場は、貨幣価値の調整、貨幣の流通と管理、信用システムと決済機構の働きがある。労働市場は、所得の分配が主たる働きである。商品市場は、物流や交易、サービスの提供が主たる働きである。また、金融市場は、財政と市場との交流の場でもある。労働市場は、非市場経済と市場経済、双方にまたがって共通の地盤を与えている。更に、商品市場は、一つの共通の場を持つのではなく、商品毎に独立した市場を形成する。そして、商品市場は、市場を成立させている個々の産業の特性を、濃厚に反映する場であり、産業の特性や歴史による固有の構造や形態がある。

 貨幣は、財政と金融市場を通じて市場に供給される。

 労働は、所得として貨幣に換算されて、労働市場を通じて家計へと分配される。貨幣は、商品市場を通じて、商品に変換する権利である。この権利は、保留し、蓄積できる。
 国民の総生産と総所得は、表裏を為す関係にある。ただし、総所得は、経済価値の総量を意味するのではない。市場に出回る経済所得の総量を意味するのであり、市場に出回らない、経済量は含まれていない。市場に出回らない価値は、非市場型産業が生み出す価値を意味するが、財政は、労働市場を通じて所得化されるために含まれる。現実に市場に出回れない価値とは、市場に放出されていない資産と家計を指す。

 市場では、個人は、自己の利益を追求する。自己の利益の根源は、各人の幸せ、満足である。つまり、市場は、個人の功利的理由によって動かされる場である。故に、市場の原理は、功利主義的なものである。また、近代的市場は、貨幣的価値によって動く。故に、市場の原動力は、功利主義的、金銭的動機である。これを、どう思うか。倫理的価値観で考えれば、市場の動きは読めない。それ故に、倫理観を重視する者にとって市場の動きは、不可思議であり、人によっては、許し難いものに見える。しかし、それは、物理学的法則でも同じである。いくら、地球が動く事が、倫理上、許し難い事であっても、視点によっては、地球は動いているのである。相対的ではあるが・・・。

 経済問題を検討する時、絶対的な基準で判断してはならない。倫理的基準、宗教的基準は、普遍的、絶対的基準である。倫理的基準を経済現象や自然現象に当てはめようとすれば、矛盾する。それは、二者択一的問題ではなく。異質、異次元の問題なのである。
 経済を分析する時、物理学的現象と同じレベルで分析する愚を犯してはならない。物理学的基準は、相対的固定的基準であるのに対し、経済学的基準は、相対的変動的基準だからである。

 物理学的尺度、長さでも重さでも一度基準を決めれば、世界どこへ行っても共通です。ところが、経済的尺度はそうはいかない。長さや重さは、単位を特定して百だと言えば、今も昔も、西でも東でも百だが、経済的尺度は、同じ百でも時間や場所が違えば違ってしまう。物理学属性がそのもの自体の属性であるのに対し、経済的属性は、そのもの自体が持つ属性ではないのである。それ故に、市場が必要なのである。

 市場は理性で動くわけではない。市場を動かす力の源は、むしろ、功利主義的なものである。市場には、市場心理のような力が働いている。この市場心理は、思惑や不合理な期待と言った個人的感性が下敷きになっている。

 市場は、理性的な話し合いの場というよりも闘争の場、ゲームやスポーツの場に近い。市場では、合理的な判断よりも、功利的判断の方が力を往々にして持つ。市場の動きは、経済的合理精神で説明するより、集団心理で説明した方が説得力が強い場合が多い。それは、市場を動かす力が心理的な力だからである。市場経済を考察する時、充分にこの点を留意しておく必要がある。

 この様な現象は、証券市場に典型的に現れる。株式相場は、企業業績や実体からかけ離れたところで形成され、その企業の実体で変えてしまう事すらあるのである。

 市場には、限界がある。生産財その物が持つ価値と市場価値とは、乖離している。その乖離を是正しようとする為に、市場は、制御装置、仕組みや構造が重要なのである。この様な、市場の限界を前提として経済構造は、設計されなければならない。
 

市 場 と は