Since 2001.1.6
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano

 構造とは何かを、検討するのに、近代スポーツほど格好な材料はない。

 近代スポーツを形成する要素は、次の五つがあげられる。即ち、第一にフィールドである。第二に、プレーヤーがいる。第三に、ルールがある。第四に、ジャッジがいる。第五に数字に還元される。

 スポーツは、競技である。ゲームである。複数のプレーヤーで成り立つ。
 スポーツは、第一に、決闘型、第二に、競争型、第三に、チーム型・団体競技型の三つに大別されると思う。更に、用具面から見ると球技か、否かの二つに分類される。
 構造という面から見ると最も端的に構造の性格を現しているのは、チーム型・団体競技型で、かつ、球技だと思われる。
 しかし、前段で述べた近代スポーツを特徴付ける五つの要素は、基本的には、変わらない。

 第一のフィールドにかんして。
 フィールドとは、ある一定の境界線に区切られた範囲、ドメインを持つ人為的時空間である。
 ここで重要なのは、フィールドは、人為的時空間だという点である。つまり、人間によって区切られた空間であるという性格と、時間的、また物理的空間だという性格の二面性を持つと言う事である。
 これは、近代という時代を特徴付ける要素でもある。人為的、即ち、契約的空間であり、明らかに物理学的空間と性格を異にしているという事である。
 また、空間は、物理的空間軸だけでなく、時間的空間軸を併せ持っているという点である。
 そして、ルールである。このルールは、フィールド内だけに働く力である。つまり、フィールドというのは、非日常的、人為的場だと言う事である。

 ルール
 ルールとは、人為的法則・規則である。故に、ルールは、必然的に契約的性格を持つ法則、規則である。
 無法な空間に自由はない。

 ドメイン
 近代スポーツには、ある一定の範囲が設定されている。その範囲内に作られる空間内部でしか、そのスポーツのルールは、有効ではない。
 範囲は、時空間的でものある。時間の範囲は、時間(例えばピリオド)を指すこともあれば、一定の要件を満たした場合(例えばスリーアウトチェンジ、セットカウント)もある。これは、時間の概念に一定の示唆を与える。
 空間は、何らかの境界線を以て設定される。境界線の内部であれば、当該スポーツのルールは有効である。

 試合は、宣言以て始まり、宣言を以て終わる。スポーツには、始まりと終わりがある。始まりと終わりは、コール・宣言によって為される。フィールドは、この始まりと終わりのコールによって仕切られた空間である。

 プレーヤー、チーム、チーム・ワーク
 スポーツは、必ず、複数のプレーヤーがいて、ルールに基づいて成績を競う競技である。更に、団体競技では、予め決められた同数のプレーヤー間で競われる。つまり、一人で行われるヨガや修業・瞑想のようなものとは違うと言う事である。
 そして、それぞれのプレーヤーの位置と運動と関係がルールを決める重要な要素であると言う点である。

 ジャッジ
 また、公正な判定、ジャッジをプレーヤー以外の審判に委ねるという点である。また、予め定められたルールに従って主体的に、責任を持って判定を下す。そのうえ、審判は、独立した地位が保たれ、それ自体が一つの自律した機能と構造を持っている。 

 スコア
 全ての基準、評価、判定は数字に還元される。スポーツの勝敗の判定基準は予め決められており、それは数字に還元される。

 プレーヤーに、監督やコーチ、控えの選手から成るチームが一つの単位として成立している。そして、複数の対戦チームからなるリーグが上位の組織・構造を構成している。

 また、フィールドの外では、チーム内に監督、コーチが、マネージメントを担当するフロント、スポンサーであるオーナー、ルールの改廃を担うコミッショナーがそれぞれの機能を果たして全体を構成している。

 制度は、論理的な作られると言うよりも、歴史的に作られるものである。

 この様なスポーツの在り方は、近代社会の一つの在り方を示している。

 日本人、特に、戦後の日本人は、法や法則は、普遍的なものであり、自明、所与のものだと決めつけている傾向がある。しかし、法は話し合いで決めるものであり、科学の法則は、仮説に過ぎない。ゲームが始まってから、ルールを決めようとしても決着は付かない。決着がつくとしたら、それは、武力か、政治力か、経済力によってである。だから、ルールに対する取り決めは、ゲーム、会議のルールならば会議が始まる前に取り決めておかなければならない。ところが日本人は、この原則が解っていない。会議の前に決める事と言ったら、ルールでなくて会議する内容だと勘違いしている。そのくせ、会議のルールは、予め決められていると錯覚している。だから、日本人は、国際会議で力を発揮することができない。ルールを決める席では沈黙して、会議の席では、予め決めた事を繰り返すだけで終わってしまう。会議というのは、ルールに従って話し合いをし、最後に、ルールに基づいて決着する場なのである。そして、話し合う前に、話し合いのルール、結論の出し方、決め方を決め、確認をしておく必要があるのである。

 これは、スポーツの在り方も同様である。スポーツのルールを決める時は、何も言わないで、後で、不公平だというのは、民主主義を理解していない証拠である。

参考文献 「スポーツルールは、なぜ、不公平か」 生島 淳著 新潮社
       「スポーツルールの社会学」 中村敏雄著 朝日選書
       「オフサイドはなぜ反則か」  中村敏雄著 平凡社