Since 2001.1.6
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2008.6.17 Keiichirou Koyano
個人主義・自由主義・民主主義

 民主主義の本質は法ではない。愛である。
 法治主義と民主主義を混同している者が多くいる。民主主義においては、法に違反しなければ、何をしても良いと勘違いしている。民主主義の基礎は、個人主義である。個人主義では、もともと個人の価値観、倫理観に基礎を置いており、法を絶対的なものとは見なしていない。だから、科学でさえ、法則を絶対的な真理とせずに仮説であることを前提にして、論理そのものも相対的なものと位置づけているのである。
 個人主義は、人を律するのは、内面の規律であり、外部の規律、即ち、法や掟は、補助的なものにすぎないとする。だからこそ、個人主義や自由主義は、内面の規律を根拠として成立するのである。そして、個人主義や自由主義の土台の上に民主主義は成立している。
 民主主義は、内面の規律、つまりは、道徳やモラルを前提としている。というより、前提としないと成り立たないのである。法は、必要に応じて人間と人間との関係を規制し、内的な規律と外的な世界を調和させる為にある。故に、民主主義においては、内なる神を信じ、内面の規律を重んじるから、信教の自由や思想信条の自由が、保証されているのである。
 このように、民主主義というのは、個人のモラルを大前提としている。ところが、それを、意図的かどうかは、解らないけれど、皆、忘れている。
 個人主義では、内面の規律を最も重んじた結果として、対外的関係を、相互の意志による合意に基づいた法だけに、制約せざるをえなくなったのである。つまり、内面の規律を尊重するが故に、内面の規律は、個人の自由とし、個人の内面の規律を前提として、法による統治を構築したのである。故に、法とは、国家や社会を成立させるために必要な必要最小限の約束事、契約にすぎないのである。つまり、民主主義における法は、最大公約数による最小限の合意を前提しており、万人にわかりやすく、理解できるものである上に、合意を得られる内容でなければならない。そして、法は、個人の意志を補完する存在であり、あくまでも、主体は、個人のモラル、道徳に置かれるべきなのである。
 だからこそ、民主主義においては、信仰とモラルが大切なのであり。そしてまた、民主主義においては、教育が重要なのである。そこに、民主主義教育の根源がある。民主主義において、教育が義務になるのは、必然的結果なのである。
 個人主義、自由主義、民主主義を一貫して支えているのは、理性と道徳と自制心、そして、主体性である。これらの根源は、他ならぬ、存在の神性である。この存在の神性が失われると個人主義、自由主義、民主主義は、その根拠を失い、効力がなくなる。
 現代社会の為政者達や識者が、民主主義があたかも無神論であり、信仰を否定しているかのように捉える。為政者や識者のそのような態度によって、民主主義の魂は失われてしまった。その結果、民主主義は、その本来の効力を喪失してしまったのである。それが、現代社会の病根であり、現代社会の堕落を招いている。個人の名の下に無頼が跋扈し、自由の名の下に欲望が、はびこり、民主主義の名の下に無秩序が支配する。このまま放置すれば、やがて、民主主義は、崩壊するであろう。それは、人類にとてつもない災禍をもたらす。
 民主主義の魂は、神聖であり、崇高である。それは、人類の英知でもある。そして、人類の救いでもある。ここに、個人と、自由の名の下に民主主義の魂を、今一度、蘇らせたい。
 

プロローグ

C 民主主義の本質は愛である。