Since 2001.1.6
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2007.11..12 Keiichirou Koyano
個人主義・自由主義・民主主義


 民主主義を反宗教、反倫理として考える傾向があるが、それは、民主主義と無政府主義を混同しているだけなのである。
 なぜ、この様な錯誤が起こるのか。それは、自己の定義が曖昧だからである。
 民主主義は、個人主義と自由主義を基盤としている。個人主義と自由主義は、基礎となる部分に曖昧なところがある。それが、民主主義の地盤を脆弱なものにしている。
 個人主義も自由主義も自己を基礎とした思想である。つまり、自己の定義が、思想的な基礎を形成している。ところが、この自己の定義が曖昧なのである。だから、個人主義も自由主義もその基盤が脆弱なものとなり、ひいては、民主主義の地盤も脆弱なものになってしまっているのである。
 同じ自己中心の思想に、利己主義、快楽主義、刹那主義、功利主義、独裁主義、無政府主義がある。利己主義とは、仮想的な自己、自我を基礎にした思想である。ただ、自分の刹那的な欲望や快楽を追い求めるのが快楽主義であり、刹那主義、功利主義である。そして、利己主義を下敷きにした思想が、独裁主義であり、無政府主義である。
 これらの思想には、自己あるようで、実はない。なぜなら、自己だと思っているのは、幻にすぎない。つまり、仮想的自己、自我だからだ。
 個人主義に対応するのが利己主義であり、自由主義の対極にあるのが、刹那主義、快楽主義、功利主義であり、民主主義の対極にあるのが、独裁主義、無政府主義である。そして、どれもが対極にある思想に仮装し、仮面して社会に忍び寄ってくる。故に、個人主義社会には、利己主義の影が、自由主義社会には、刹那主義、快楽主義、功利主義の影が、民主主義社会には、独裁主義、無政府主義の影が、潜んでいる。
 自由の根本が善と意志、それを、欲望に置き換えれば、刹那主義や快楽主義に変貌する。社会を自分の思い通りに支配しようとすれば独裁主義に陥り、自己以外の全てを受け入れなければ、無政府主義になる。つまり、ある特定の個人の為に社会が存在しているとするならば、独裁主義に、個人の意志のみを認め社会のあらゆる制度を認めなければ、無政府主義なる。
 そして、個人主義や自由主義、民主主義の仮面をかぶって、彼等は、民主主義の脆弱な地盤につけ込み、利己主義や独裁主義、無政府主義は、自分の勢力を拡大しようとするのである。故に、民主主義の地盤を強固なものにする為には、自己の概念を強固なものにする必要がある。
 

プロローグ

B 自己の定義