Since 2001.1.6
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2007.11.12 Keiichirou Koyano
個人主義・自由主義・民主主義

 我々の住む世界は、意識が創り出した世界である。故に、意識を変えなければ、世界は変わらないのである。

 自己の内的世界とは、意識、観念の世界である。それに対し、外的世界とは、物質的世界である。この二つの世界を結びつけているのが、自己の肉体である。言い換えると内的世界は、意識が創り出す場であり、外的世界は、物質が生み出す場である。この二つの場は、それぞれ独立していて、お互いに直接作用を及ぼすことはない。独立した場であるという事は、肉体に及ぼす法則も全く独立しているという事である。この二つの場に、作用するのは、自己の肉体の運動である。そして、自己の運動の自由を実現するためには、二つの場の作用が相反しないように場に働きかける事である。故に、自由主義者の行動は、常に、自己の内的な世界、外的な世界、双方に働きかけるものでなければならない。
 また、物質的な場は、物理的な場と人為的な場の二つがある。物理的な場の作用は、人間の力で変える事ができない。それに対し、人為的な場は、人間の意志が作り上げた場である。問題は、この人為的な場なのである。

 人為的場は、意識が生み出す場である。人為的場は、自己が内的な世界を肉体や行動を通して、外的な世界に表現することによって生じる。人為的世界は、自己実現の過程で意識の働きによって造られる世界である。言い換えれば、人為的場は、個人の行動が創り出す場である。つまり、人為的場は、個人の意志の働きによって意識的に造られる場である。そして、人為的場は、物質的な場に属しながら、意識が生み出すという特異な性格を持っているのである。

 自己の価値基準というのは、基本的に、自己の位置と運動と関係から成り立っている。それは、自己と他者との距離と行為と働きに還元される。働きとは、作用であり、そして、働きは、力によって測られる。さらにこれらは、質と量と密度によって分析される。この位置と運動と関係が自己の内部に取り込まれた時、意識は形成されるのである。 
 相対的だという事は、比較対照によって意識は成り立っているという事である。つまり、何らかの比較する対象がなければ、意識は、成立しないことを意味する。このことによって、意識は、自己と他との関係によって生じる事がわかる。
この様にして形成された意識が、外的世界へ肉体や行動を通じて表出し、他者と関わり合いを持った結果、人為的な場が形成される。必然的に、この様な人為的な場を支配しているのは、他者との力関係となるのである。このことを見てもわかるように、自由を実現するためには、他と自己との関係が重要なのである。

 人為的な場の働きと意識の働きが相反していると人間は、自由を阻害されたと感じる。人為的な場も意識も個人の力で変えられる。ただ、意識は、自分が変われば、変わるが、人為的場は、自己以外の他者を変えなければ変わらない。それ故に、自己は、他者に働きかけて人為的場を変化させようとするのである。
 個人は、他から独立した存在だが、自由は、他との関係から成り立っている。そこが個人主義と自由主義の違いだ。つまり、個人主義は、自己の自立に重きをおくが、自由主義は、自己と他との関係が重要となるのである。

 自由主義で最も重視するのは、均衡である。
 善は、絶対的な基準ではない。善という価値観は、意識である。また、善という価値観は、意識が産み出す。つまり、善は、一つの基準であると同時に、何らかの比較対照すべき対象が、あって成立するのである。善は、絶対的な基準ではなく、相対的な基準である。
相対的な価値観を絶対的なものに置き換えた時、自己は、拘束され、自由は失われる。しかし、価値観は、自己の主体性の要、座標軸である。価値観が揺らげば、主体性も揺らぐ。融通の利かない価値観では、頑なになり、さりとて、信念がなければ、自分を保てない。故に、自由になるためには、絶え間なく、内省し、自己の価値観の不備を正していかなければならない。それと同時、常に社会に働きかけ、社会の変革を促す必要がある。その二つの働きが均衡したところに自由主義の理念がある。
 

自由主義

E 意識の変革