経済の基礎構造


貨幣経済の本質は、貨幣を媒体とした商品、製品の交換であり、それによって生じる物流である。

原則
国家制度
議会
中央政府(財政) 税制度
中央銀行
市中銀行 市場
産業
家計
貨幣制度

なぜ、通貨の発行や制御は、中央政府でなく、中央銀行なのか。
なぜ、税制度が必要なのか。 なぜ、市場が必要なのか
 労働市場は、特殊な市場であり、市場型産業と非市場型産業双方にまたがって存在し、両産業の基礎を構成している。

 市場を介さない産業がある。その典型が、財政と家計である。

 経済現象は、市場の機能だけでは、説明できない。

 市場型産業と非市場型産業は、補完的関係にあって排斥的ではない。

 市場や産業の規律も規制もそのときの経済環境や個々の市場や産業の働きに応じて考えるべきものであり、一律に語られるべきではない。

 貨幣価値に換算できない、商品、製品がある。

 貨幣経済の規模は、通貨の総量によって確定する。

 構造経済は、体制を特定しない。資本主義体制であるか、社会主義体制であるか、共産主義体制であるかの問題ではない。経済が構造的であるか否かの問題である。つまり、構造的資本主義、構造的社会主義的、構造的共産主義的があってもいいのである。 
Since 2001.1.6
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano