日本の若者が、イラクで人質に取られ、首を刎ねられて殺された。その時、両親が、多くの方に多大なご迷惑をかけ、大変な心労をかけて申し訳なく思いますといった。
 彼の行動の是非は別にして、ご両親が、この様な謝罪をさせられる事に、哀しい思いにさせられる。いつから日本人は、こんなに卑屈になってしまったのだろうか。
 そして、彼は、最後に済みませんと言った。かれは、誰に対し、なぜ、何を謝罪をしたのだろう。若者が、ひたすらに謝りながら、死んでいく。そして、その両親は、ただ、ご迷惑をかけて申し訳ありませんと謝るしかない、それが日本人なのか。
 日本人は、誇りを取り戻さなければならない。本来、彼の行動は、志に基づくものであるべきだ。また、あったはずだ。ならば、謝る必要もなければ、迷惑と口に出す必要もない。従容と潔く死を受け入れればいい。それが、日本男児である。なぜならば、彼は、イラクに向かった時、死を覚悟していたはずだからである。日本に救いを求めるべきでもない。日本に救いを求めなければ、迷惑をかけたと謝ることもない。それを救うとしたら、それは、国の責務だ。為政者の志の問題だ。志には、志して答える。それが、日本人である。子を守るのは、親の心。それを迷惑と言ってしまえばそれまでだ。
 現に、先にイラクで亡くなられたフリージャーナリストの橋田信介氏は、自分が拉致されても国に救いを求めるなと奥様に伝えていたと聞く。
 吉田松陰は、国禁を犯して、外国へ行こうとした。それに対し、幕府は、切腹を命じた。国によって首を刎ねられたのである。残酷さにおいて、大差はない。問題は志である。
 ちなみに、イラクで殺された青年の年令と吉田松陰が密航を企てた年令は、同じ二十四才である。
 吉田松陰は、企てが、明らかになった時
 かくすればかくなるものと知りながら
 やむにやまれぬ大和魂
 と読み。
 死に臨んで、
 吾れ今、国のために死す
 死して君親に負かず
 悠々たり天地の事
 鑑照は明神に在り
 と、朗誦したといいます。
 戦後、日本人は、志や誇り、名誉、恥を捨てました。捨てた変わりに、据えたのが迷惑という言葉です。そして、迷惑の言葉の後に必ずつけたのは、何をしても善いという事です。
 曰く、迷惑をかけてはいけない。迷惑をかけなければ、何をしても善い。それから、日本は、近隣諸国に、迷惑をかけましたと頭を下げ続けるのです。謝り続けるのです。
 しかし、迷惑という言葉はくせものです。果たしてこの世に、迷惑をかけずに生きられる者が居るでしょうか。親に迷惑をかけぬ子はいません。国に、迷惑をかけぬ、国民はいません。要は、迷惑は、自覚しているか、否かの問題です。迷惑をかけていると思う者は、謝り。かけてないと思う者は、勝手放題する。
 迷惑は、掛けてならぬものではありません。掛けたくなくとも掛けざるをえないものです。だから、人は、感謝をする。恩を感じるのです。迷惑を掛けなければと言ったとたんこの意味が失われてしまう。結果、何をしても善いという言葉だけが残る。だから、子供達は、開き直る。成人式で暴れても、人に迷惑を掛けた覚えがないという。大人は、迷惑だから謝れという。これでは水掛け論です。
 その上、心労とくる。何を謝るのか。迷惑そのものに実体がないのだから、何を、どう迷惑を、掛けたのかと問われると心労としてしか言えまい。哀しい親心だ。
 自由は、自分が決めた規律に従う事です。そして、命をもって守る。そこに、日本人の本質がありました。だから、日本は、国の自由、独立を護れたのです。吉田松陰は、自由だったのです。それを封建的というのは、論語読みの論語知らずではなく、自由主義の自由知らずの輩です。
 問題は、何を志したかです。その志の確かさをこそ、問うべきではないのでしょうか。

 何が哀しいって、イラクへ行った若者は、本来なら、問題意識も高くて、志ももてたろうに。でも結局、無為に生かされ、なぜ、自分が殺されるのかの意味もわからぬままに死んでいった事。それが哀しい。

 

迷惑と言う事

Since 2001.1.6
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano