なぜ、人は、自殺を、悪いと言わないのだろう。
 確かに、弱い者いじめは、悪い。しかし、だからといって、「いじめられた。」と、死んではいけない。
 いじめは、悪いという前に、「自殺はいかん。」と、先ず、言うべきだ。
 以前は、よく言われた。「死ぬ気になれば、何でもできる。」と。「死んだ気になって、やり直せ。」と。
 ところが今は、そう思う前に、死んでしまう。歯止めが効かない。生きていくのが嫌だから、辛いから、もっと酷いのは、面倒くさいからといって死んでいく。
 お釈迦様は、人間には、三つの欲があるといわれた。一つは、食欲や性欲といった、肉体的、生理的欲望。二つ目は、生きたいという欲望。そして、三つ目に死にたいという欲望である。これは、慧眼である。死にたいという欲望を人は、本然的に持つとお釈迦様は言われている。そして、この三つの欲を断つのが、修行の目標としているのである。
 自殺は、自分を生かしている者、全てを否定する事である。そう、自分自身をも否定する事である。自分を生かしている者、それは、家族であり、社会であり、国であり、自分を愛する者達である。自分を愛する者達を信じる事ができない。だから、自殺するのである。
 自分を愛する者達に、強烈に苦しみを残しながら、全てを否定しさってしまうのが、自殺である。
 現代の日本人の自殺は、武士の切腹とは違う。武士には、守るべきものがあった。矜持や誇りがあった。武士は、守ろうとして、守り切れぬもの一切合切を、自分が背負い込んで、死んでいくとったのである。今、自殺する若者の多くは、生きたくても、生きられないが、故に、死んでいくのではない。自分が死んでも、守らなければならないものが、あるから死んでいくというのでもない。逆に、守るべきものがないから死んでいくのである。自殺者以外には、何の必然性もない自殺なのである。死にいく意味がない。ただ生きていくのが辛くてめんどくさい、それだけの理由で自殺していく。だから、残された者達に、たとえようのない、自分の存在を全て否定されてしまったような、苦しみを残すのである。一番苦しむのは、自分を一番愛している人達だ。それは、ただ単に身勝手な死だ。
 試験に失敗したくらいで死ぬなよ。失恋したことくらいで死ぬなよ。いじめられたことくらいで死ぬなよ。嫌なことがあったからといって死ぬなよ。生きようよ。
 なぜ、現代人は、愛を教えようとしないのだろう。離婚しない理由は、子供がいるから。違うだろう。愛しているからだろう。愛がないなら、分かれた方がいい。愛がないという事は、存在を否定する事なんだ。家族にとって愛がなければ、家族を否定する事。愛を知らないから、自分の存在を否定して、自殺する。愛は、性欲や快楽とは違う。愛は、行為ではない。人間、本然の情である。失楽園や不倫を賛美するのは、本然の愛を快楽のために、背かせているに過ぎない。それを愛というのは、あまりにも薄汚い。
 愛って、愛される事ではない。愛する事。愛するからこそ、守ろうとするんだ。それがなくなったら、存在すら意味がなくなる。愛されたいと思うから、死にたくなる。人の愛をあてにしたところで、それは、確かめようのない、不確かなものにすぎない。愛する心の確かさからみたいら、幻のようなもの。
 故郷を愛そうよ。そうしたら、自分の故郷をよくしようとするさ。何も、それは、保守的になれといっているわけではない。国を愛そうよ。国を変革しようとする者に、愛国心がなければ、それは、ただの破壊にすぎない。愛国心は、理念じゃあない、情なんだ。愛する事を教えようよ。
 いじめられたことを理由に自殺していくのは、卑怯だ。立ち向かっていって、それでも駄目なら、逃げればいい。逃げることを卑怯だというなら、自殺することの方がもっと卑怯だ。生きることを考えようよ。
 神は、私たちを生かしてくださる。自殺は、この神の究極の愛を否定する事になる。生きているという事は、神の愛だ。誰も自分を愛してくれないと思う前に、この神の愛を、受け入れ、信じようよ。 

自殺について

Since 2001.1.6
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano