Since 2001.1.6
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano

 企業にとって、資金は、生命線である。資金が続けば、企業は存続できる。キャッシュは、その資金を指して言う。ただ、資金といってもその概念は、一様ではない。ここで言う、キャッシュ、つまり、資金は、現金及び現金同等物を指す。

 キャッシュフローは、資金収支を言う。資金収支と言うくらいであるから、現金主義である。

 会計の問題を突き詰めると、現実とは、何か、事実とは何かに行き着く。

 従来の会計制度の基礎、つまり、依って立つ現実は、取得原価主義である。取得原価主義の根幹は、原価評価の原則、原価配分の原則、減価償却の理論、収益に関する実現主義、費用の発生主義、収益費用対応の原則から成り立っている。
 この取得原価主義という概念が、今揺らいでいる。

 貸し手から見ると貸した金が戻ってくればいいのである。だとしたら、貸し手が一番知りたいのは、借りての返済能力である。返済能力は、何も、相手の所得だけではない。むしろ目に見える現物、資産に掛けた方が確実なのである。そして、それ以上に確実なのは、現金である。そこから、時価主義、現金主義が台頭したのである。

 しかし、元々、時価主義や現金主義に問題があったから、取得原価主義や実現主義、発生主義がとられたのである。その根本の問題を忘れて、時価主義や現金主義にすれば良いというのは、乱暴すぎる。

 家計は、現金主義、時価主義の世界である。家のローンを組む時も安定した収入は、もちろんだが、建てた家そのものを担保した方が確実なのである。そして、足らない分は、その人が所有する財産を担保する。担保とする価値は、融資を決定した時点での時価である。一度設定した担保の価値は、借り換えを起こさない限り、原則変わらない。これが、変化したら、たまらないからである。
 銀行が企業に融資する際も実質的には、時価主義である。取得した時点での価値を担保価値としたのでは、資金調達は、取得価値に拘束されてしまう。だとしたら、時価主義に変更し統一すればいいという事になる。
 しかし、時価主義に統一されると、第一に客観性が損なわれる。第二に、利益が、本来の営業活動とは無縁の処に左右される。第三に、税金に未実現利益や未実現損失が反映される。特に、三番目の問題は、実害が生じる。

 原価主義の根本は、要するに、現実に支払われた金額である。又は、証憑に記録された取引事実と金額である。この点は、原価主義も現金主義も同じである。

 利益は、意見、キャッシュは、事実という考え方がある。しかし、それ故に、事業は、調達できる資金に限界があった。

 この問題を解決するためには、会計の在り方を考えてみる必要がある。会計は、目的適合的体系である。つまり、会計の目的を考えてみればいいのである。

 株主や債権者と税務会計、経営者は、元々、目的が違うのである。
 経営側は、元々、資金が欲しいのである。資金を調達できれば、事業を拡大したり、新規の投資をしたりする事ができる。経営者にとって財務諸表を作る目的は、資金を調達する事が、主なのである。
 それに対し、株主から見ると、本当に、儲かっているのか、いないのかを知りたい。
 投資と効果は、時間の関数である。資金収支は、長期的に見ないと均衡しない。初期投資額が大きい事業は、目先の資金収支だけで判断されたら、初年度に巨額の赤字が生じてしまう。そうなると、資金を提供する者が居なくなる。一定期間コストを平準化して、収益を計算した方が、投資と効果の関係がわかりやすく。投資家も資金を提供しやすい。それが、取得原価主義、減価償却の理論であり、従来の会計は、それに則って成立してきた。
 債権者や取引業者から見ると支払い能力であり、それは、資金をどれくら準備しているかに関わってくる。
 債権者から見ると融資をするための裏付けがあれば、いいのである。その裏付けを判断する資料が欲しいのである。その一つが担保であり、今一つは、収益力であり、そして、もう一つが、キャッシュフローなのである。
 税務当局にしてみれば、企業は、どれくらいのうぜいする事ができるのか、つまり、徴税のための資料と根拠が欲しいのである。
 目的から考えると、債権者にしろ、行政にしろ、経営者にしろ、取引業者にしろ、資金の動きを知りたいのである。株主にしても、資金が続かなければ、企業は、成り立たないのだから、資金的な裏付けは、知りたい。そこにキャッシュフローの必要性がある。
 ただ、会計の本義は、収益力を明らかにする事である。収益があって、はじめて、企業は、成り立つものだからである。キャッシュフローは、あくまでも補助的な手段に過ぎない。現代のキャッシュフローは、一種の流行のようなものである。キャッシュフローさえあれば、企業実体が明らかになるというのは、錯覚である。

 いずれにせよ、資金の裏付けとダイナミックな動きこそが、企業を支えているのである。
 実際の企業を動かしているのは、人・物・金・情報である。中でも、金の動き、金の力は、絶大であり、金の流れが止まったら、企業は成り立たない。逆に言えば、資金が続く限りは、企業は行き詰まらない。資金会計というものは、この金の流れを明らかにしようという試みである。今後ともに、重要性が増す事は、間違いない。

キャッシュフロー