自己の行動規範は、環境と自己との関わり合いによって形成される。人間は、個人の内面の場の働きばかりでなく、社会構造に働く場の働きの影響を強く受ける。
 会計的論理は、人間生活の奥底まで浸透し、人間生活を支配している。金持ちになれるかどうかは、生きる目的にすらなって、人の一生を左右している。この事実から目をそむけたら、真の人生の目的を見極めることはできない。

 会計が存在する空間は、いくつかの場が重なり合って成立している。会計的な場が成立するためには、経済的な実在が前提となる。つまり、会計が対象とすべき経済現象が存在しなければ、会計は成立しない。
 そして、市場という場の存在である。また、貨幣経済という場である。これらの実在と場の上に法的な空間が重なってくる。

 更に、経営的空間、労働と分配の空間といった内部空間が重なる。そして、その上に、個人的空間が乗っかるのである。

 現行の会計空間には、内部空間は、存在しない。労働者の保護に関する法は存在するが、それらの法は、会計的現実に結びついていない。故に、労働者によって形成される内部会計的空間を成立できないでいる。結果、内部会計は、成立していない。

 会計空間は、市場経済、貨幣経済、法的空間に従属して派生する。市場空間や貨幣的空間、法的空間、会計空間は、人的、観念的空間であり、物理的、生物学的空間に完全に重複した空間ではなく、限定的、部分的空間である。故に、会計空間は、市場経済、貨幣経済、法的空間の属性に規制される。

 人的空間や観念的空間は、所与の空間ではなく。限定的、部分的空間である。つまり、人の観念が作り出した空間である。スポーツを例に取るとわかりやすい。スポーツの空間は、ルールが作れだした空間内部のみ成立する。野球のルールは、フィールドを一歩出ると物理的空間おいてでも、時間的空間おいてでも、無効である。会計的空間も同様である。

 会計学的現実が先ずある。この会計学的現実を前提としないかぎり、会計学的空間は、成立しない。会計的現実とは、会計が対象とすべき現象であり、これは、会計学的空間が存在しなくとも存在しうる実在である。これらの実在や現象、場は、会計的空間に優先して存在する。

 そのうえで、会計が制度として成立するためには、法的な空間を作り出すことが必要前提となる。

 制度会計が成立する空間は、法が生み出す空間である。もし、会計に関連する法が複数ある場合は、それは、その法の数だけ空間が作られる事になる。それらの空間は、必ずしも物理的空間を共有しているわけではない。そして、法が、その空間を支配する法則を設定し、場が形成される。それらの場をリンク・結びつけるのは、会計的現実である。そして、会計的現実は、一連の体系、即ち、構造をもって成立する。

 個々の会計主体は、個々の空間内部における最適解を求めて意志決定をし、行動する。その結果、場の力が均衡するところに会計主体の行動は、収斂してくる。しかし、個々の会計主体に作用する力や法則は、一様ではない。また、個々の会計主体に与えられている情報も一様ではない。結果的に、市場に現れてくる会計主体の行動はマチマチなものになり、不確実なものになる。この個々の会計主体の行動の不確実性が、市場の機能の基礎となる。

 市場は、アンバランス、不均衡によって成立する。アンバランスさや不均衡が、解消されると、市場も消滅する。それは、定常状態である。この様な定常状態を必ずしも悪と決めつけるべきではない。問題なのは、市場機能が働かなくなることによって分配構造までもが定常化し、硬直化する事によって、所得や財の分配に偏りが生じる事である。

 会計現象、ひいては、経済現象を制御するのは、市場の構造である。会計制度が存在しなかったり、機能しなくても、市場の機能は、作用する。故に、市場機能は、会計機能に優先するのである。また、市場の機能は、貨幣の働きを基礎としている。故に、貨幣の働きは、会計制度に優先する。会計制度は、市場制度や貨幣制度を補完する形で発展してきた。市場や貨幣は、会計に優先するのである。
 しかし、市場に一度、会計制度が導入されると、市場は、会計制度による働きに支配されるようになる。また、市場の機能は、会計の機能によって強化される。故に、市場制度と貨幣制度、会計制度は、相互に補完的な関係にあるのである。

 会計的空間に存在する会計主体は、会計間場に働く力に従って行動する。故に、会計的空間が形成されると、その場の経済現象は、会計的原則に従って現れることになる。
 

会計の場

Since 2001.1.6
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano