基本のアルゴリズム


経済の基本


経済の目的は、人を生かす事であり、自己実現にある。

経済とは生きる為の活動である。
故に、経済とは、人を生かすための仕組みである。人を生かすための仕組みは、使いかを間違えば人を殺す仕組みに変質する。
人を生かすための仕組みの目的とは、国民が生きていくために必要な財を生産し、あるいは、調達して国民に遍く配分する為の仕組みである。
経済の仕組みの目標は、必要な資源を必要とする人に必要なだけ、提供する事である。

経済の目的は、「お金」を儲ける事でも、富を蓄える事でも、人民を支配する事でもない。
人々が生きていけるようにする事なのである。

経済は、人と人との関係の上に成り立っている。経済は、一人では成り立たない。
人と人との関係は、集団を形成する。故に、経済は、何らかの集団を前提としている。
人と人とが集団で生活する為には、掟、即ち、何らかの法がなければならない。
法は、合意と契約の上に成り立っている。
つまり、経済は一人では成り立たないのである。

生産、分配、消費は、各々固有の場を形成する。各々の場に働く原理や目的はは独立しており、直接他の場には働かない。生産、分配、消費を結び付けているのは、人・物・金であり、それぞれの場の境界性には、市場が形成される。


経済の仕組みの基本


経済の目的は、人々を生かす事である。

経済の仕組みの目的は、人々が生きていくために必要な財を生産し、国民に遍く配分する事である。
つまり、生活を支援する事である。
その為に、経済の仕組みは、生産、分配、消費によって成り立っている。

経済は、人と人との関係の上に成り立っている。経済は、一人では成り立たない。
人と人との関係は、集団を形成する。故に、経済は、何らかの集団を前提としている。
人と人とが集団で生活する為には、掟、即ち、何らかの法がなければならない。
法は、合意と契約の上に成り立っている。
つまり、経済は一人では成り立たないのである。

貨幣経済の仕組みの目的は、貨幣を循環させる過程で生産、分配、消費、貯蓄を実現される事である。
経済の仕組みは、「お金」を循環させる人で成り立っている。
故に、いかに「お金」を循環させるか。いかに「お金」を隅々まで行渡らせるか。この二点が鍵を握っているのである。

経済は、生産、分配、消費の局面を持つ。

生産、分配、消費は、各々固有の場を形成する。各々の場に働く原理や目的はは独立しており、直接他の場には働かない。生産、分配、消費を結び付けているのは、人・物・金であり、それぞれの場の境界性には、市場が形成される。

経済の最小単位は、個人である。個人は、集合して組織と市場を形成する。
組織は、経済主体を形成し、場は市場を形成する。

市場経済の仕組みを構成するのは、市場と組織である。

経済の仕組みは、「お金」の流れによって動かされている。

生産と分配、消費を均衡させることが最終的目的となる。その為には、どの様な生活水準を目標とするのかを明確にする必要がある。つまりは、消費構成をどうするのかである。

所得、収益、支出の関係が経済の状態を定める。
所得と収益と物価の水準を均衡させようとする働きによって市場は制御されている。
生産の水準と分配の水準、消費の水準を均衡させることが鍵なのである。

生産の成果は、収益に、分配の成果は、所得に振り分けられる。

経済の状態は、収益、所得、支出、貯蓄の比率に集約される。つまり、収益、所得、支出、貯蓄、負債の均衡をどう保つかが経済政策の目標となる。

一人当たりの消費量、一人当たりの所得、一人当たりの価格の関係が景気の基礎となる。この点を勘違いしてはならない。人は、「お金」の幻想によって経済の実体を見失う。しかし、経済の本質は、生きていくために必要な資源をいかに獲得するかにある。「お金」にあるわけではない。
だから、経済成長だの景気を金額だけで捉えたら実相を見失うのである。単価は、あくまでの市場取引の便宜上つけられるのである。しかし、一度市場価格が決まると金額は独り歩きを始める。
経済の実体は、一人当たりの生産量と消費量の関係に還元される。

経済成長、経済成長と経済成長が全てだと思っている人がいるが、経済の根本は、人と物であり、金額は所詮名目的な事なのである。人と物の実体的な関係に変化がなければ、「お金」という名目的な表面的変化に過ぎないのである。
だから、人と物と言う実体的関係を無視して「お金」の供給量を増やせば、物価は、天井知らずに上昇していく事になる。


各部門の働きと目的



個人は、集合して個々の局面の単位を形成する。生産の局面では生産単位。分配の局面では分配単位。消費の局面では消費単位である。

個々の単位は、働きに応じて部門を形成する。

部門には、家計、非金融法人企業、金融、財政、対家計非営利団体、海外部門を言う。
一般に対家計非営利団体は、規模が小さい上に、一般行政の仕事と重なる部分があるので財政の一部と見なされる。

個々の部門の働きは、家計は、消費の場であり、生きる為の活動を実現する。非金融法人は、生きる為に必要な財を生産する主体であり、財政は、国民が生きていくために必要とする社会資本を整え、共同体としての基盤を構築する。金融は、資金を融通して貨幣制度を維持するのが役目である。

本来、生産は、消費構造を反映したものでなければならない。産業は、消費性向を土台として形成される。
消費から支出が生まれる。

国民経済計算書に基づく経済の流れ


国民経済計算書は、経済の動きをすべて補足する事を目的としている。

国民経済計算書では、経済の流れを経常勘定、蓄積勘定、バランスシートに記録する。
経常勘定では、経済の流れは、財貨・サービスの生産、生産による所得の発生、二次的所得の分配及び再分配、所得の消費と貯蓄への仕様と言う順に表される。





       

このホームページはリンク・フリーです
ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2019.6.4 Keiichirou Koyano